« 2009年10月 | メイン | 2010年1月 »

2009年11月

2009年11月 6日 (金)

昔撮った屋久杉の写真を懐かしむ

昔オリンパスペンFやFTで撮ったハーフサイズのカラースライドの写真がやっと出てきたものの、カビがひどくてスキャナーでスキャンするのをためらっていた。

最近見たアサヒカメラ11月号(朝日新聞出版)の「思い出のネガを救い出そう!」の記事には『ポジカラーでは100年持ちます』と出ていたものの、私の持っているフィルムでは、ネガの方が状態が良い。

乾燥剤など入れずに保存していた場合は、ネガーケースに入れていたネガフィルムのほうが、スライドより状態より良いようだ。

それでもこのスライドをこのままカビに侵食され続けて消えてしまうのではもったいない。現状のままでとりあえずEPSONのGT-X770でスキャンしてみる。

取り込んだ画像をモニターで見てみると、やはり見るに耐えないcrying

歴史的、芸術的価値は無いが(大げさな)、それでも思い出の記念写真。なつかしく眺めていると、作業は中々進まない。

そんな中、1970年に一人で登った屋久島の写真も出てきた・・・が、これも例外ではなくほとんどが修正困難な状態。

「まーいいか! 何とか絵が判ればよしとしよう!」と一人納得してスライドのスキャン開始!。

その中で比較的状態の良い、登山途中に撮った屋久杉の写真が数枚。

広い青空が無い写真なので比較的修正容易と思ったが、周辺に広がる赤い斑点や緑色の網目状の模様をとってみた・・・がまだまだ根気も技術も不足していると反省。

「今後さらに技術向上に努めなきゃー」などと考えながら、本人だけが懐かしがってる出来の悪い写真をrecycle

Yakushima02b

(大王杉にて  1970年11月4日 オリンパスペンFT フジカラーリバーサル)

前日は一人で安房より30キロの荷物を背負って軌道を延々と歩き小杉谷荘に宿泊。翌日の宮之浦岳へは当初花之江河経由を予定していたが、小屋の主人の『登りの花之江河経由は止めたほうがいい。下りならともかく』との助言でこの大株歩道を登り大王杉などに出会いました。

Yakushima01

(縄文杉  1970年11月4日 オリンパスペンFT フジカラーリバーサル)

1966年に発見されたという縄文杉。予定より次第に遅れていたためかろうじて写真を一枚撮ったものの、そのまま素通りしてしまった。2000年に再会したとき、初めてじっくり眺めました。