« 2009年11月 | メイン | 2010年3月 »

2010年1月

2010年1月26日 (火)

確定申告書 A様式かB様式かで悩む

先日「確定申告等作成コーナー」で入力したデータを「e-Taxソフト」に組み込み帳票をチェックした。

データに異常は無かったものの、昨年までの申告書と異なっている。

なにやら平成20年分には無かった「確定申告書(損失申告用)」、「確定申告書(損失申告用)」、「・・・修正申告書」などが付いている。

そう、昨年までの「申告書A」ではなく「申告書B」だった。

あわてて「所得税申告書作成のための操作の手引き(年金所得者編)」を見直すと「3.所得・所得控除の入力」の説明ページには

年金所得の場合、「申告書A様式」で表示されます

と書いてある。

「あ~ぁ!作成コーナーでなにやら選択ミスをしたのかな、もう一度頭から作成してみよう」と作成コーナーの「申告書選択」ページなで進み【年金所得の方】選択欄を見ると

申告書B様式で出力します

と出てきた。

な~んだ。いいじゃん!

念のため『よくある質問』で調べたところ、やはり申告書B様式で正しいとのこと。

スッキリしたところで今年は早めに今日、送信完了pc

Hiro_05

『見ちゃーいられないや!』といってるわけじゃないけど・・・ウーン

2010年1月22日 (金)

確定申告は今年ももちろんe-Taxで

平成19年分の確定申告からe-Taxでの確定申告を始めた。

もちろん「5000円の税額控除が受けかれる!」が魅力ではじめたのだけれど、カードリーダーや住基カードの作成などの初期投資で結局は差し引きトントンだった。

それでも税務署や還付申告センターでの永い待ち時間を考えると、行かなくてすむ利点は多い。

しかし年に一度の確定申告の入力である

簡単であるはずの年金所得者でも、初老(と自分では思っている)の私には毎年入力操作に悩まされる。

何しろ昨日の食事の内容を尋ねられても満足にこたえられない記憶力だから・・・

いきなり

電子証明書の有効期限は?

平成21年分事前準備セットアップは?

などの確認事項がでてきた。

去年もこんなの有ったのかな?と思いつつ電子証明書の有効期限を調べると、今回まではOK

平成21年度分事前準備セットアップは『前年、作成コーナーをご利用になった方でも・・・行う必要があります』というので、これを実行する。

すったもんだやりながら、何とか入力のみしていった今日一日。

明日も天気がいいのかな?

良ければヒロでもつれて海か公園にでも行ってみるかナ

Hiro_04

(1月2日 八所宮にて)

2010年1月18日 (月)

天気が良いので許斐山へ

寒波も緩み、昨日今日と天気が良い。

午後からは女房の買い物に付き合わなければならないので、朝のうちに許斐山まで行ってみる。

登山口のこのみ公園の池には薄氷が張っている。

もともと汗っかきの自分としては、寒い今の季節のほうが近郊の低山に登るには気分よく登れる気候。

近くの山といっても数週間に一度来るだけだが、最近は来るたびに登山道の整備がされている。

整備されている方には感謝・感謝!!

山頂の木もかなり刈り込まれ、明るくなっていたが、常連さんが昨日猪に遭遇した話しをしていた。

クワバラ・クワバラ。

下りは宗像尾根を猪に出会わないよう祈りながら下山。

イノシシさん、人の気配がしたら速やかに退散してねっ!

Konomiyama04

今日の許斐山頂より見る宗像四塚

2010年1月13日 (水)

インプラント手術完了

インプラントの手術が今日無事完了

Haniwa

埴輪のように口をあけて1時間半

順調に終わった(らしい)

家内が言っていたような、「まるで口の中が工事現場」というようなことは無かった

手術後の注意事項には

アルコール・煙草は禁止

インプラント側に力のかかるほお杖禁止・うつぶせ禁止

激しい運動・長時間の入浴禁止

etc.

この中でつらいのは禁酒・禁煙。

煙草は増税の暁には止めようと思っているのだが禁酒はどーも苦手(?)である。

でも最低今日だけは節制しておこう。

2010年1月12日 (火)

インプラント手術は今日ではなかった!

エーッ 今日じゃない!

朝から今日のインプラント手術で気合を込めて起きる。

愛犬の散歩を済ませ、肩の激痛を訴える女房を整形外科まで車で送り、

さて今度は自分の準備と、『インプラント手術前の注意事項』などにもう一度目を通していても、セットしていたはずの携帯のスケジュールのアラームがいつまでたっても鳴らない。

何でだろう?とスケジュールを確認したところ、今日の予定は何~んにもない。

ウソー!

調べてみると手術予定は明日である。

そういえば一ヶ月前に手術の日程を聞かれたとき、連休明けか一日置くかで迷った記憶がある。

結局連休明けから一日明けるようにセットしてもらったことをすっかり忘れ、その後受診券の確認もしていなかった。

元来ボ~ッとした性格で、健忘症。若い頃からこんなことは珍しくなかったが、この年になると認知症に疑われかねない

しかし日ごろ口の悪い女房も、今日は病院(石灰沈着性腱炎だとか)への送迎をしてもらっているので「ボケ!」とはいわなかった。

でも、肩の痛みが取れて元気になった日には何といわれるやら・・・

我家の愛犬もあきれて、今日は一日広縁から外を見るばかり???

Hiro_01

2010年1月11日 (月)

明日はインプラント手術

昨年夏、奥歯を抜いた後の治療をインプラントかブリッジかで迷っていた。

何年か前にインプラント治療を受けた女房が
『インプラントにした方が、後が楽よー』
と云うので、結局インプラント治療を明日行うこととなる。

『でも削るときはすごいよ。ガガガ~ッてね』と、今になって脅しともとれることを言う。

ウーン、選択を失敗したかな?と少々不安!

でも、いまさら変更するわけにも行かない(男のはしくれとして!)

手術後はしばらくアルコールと喫煙は控えなければならないようなので、今宵はbeer飲み納め。

Komainu01

(ガンバレヨー)

2010年1月 4日 (月)

今年の初登りはご近所の新立山へ

正月休みに息子が九重に行きたいと云っていたが、正月に入ると風邪気味で休養中。

暮れからの寒波も落ち着いて快晴の1月3日、一人で地元宗像の新立山(権現山)に行ってみる。

正助ふるさと村の大駐車場には車が2台ほど駐車しているだけ。さすがに今日は登る人はあまりいない様だ。

駐車場より登山口(山頂まで1.5キロ)まで歩き登りはじめると、向こうで派手な服装の人が横切る。

「・・・ん、ゴルファー?」

いやいや、猟銃を担いでいたようだ。

さらに笛の音がすると猟犬らしい犬が二匹、林の中から飛び出してきた。

猪狩りらしい。

猪といえば・・・

以前、昭和の森から三郡山を登っているとき、地元の人らしい軽装の登山者がアッというまに追い越していった。

「さすがにこの山に慣れている人は早いな」と感心していたら、10~15分後にすごいスピードで同じ人が駆け下りてきた。

『エ~ッ!もう山頂を往復してきたの?』

その人曰く「この上の谷川で猪の家族5~6匹に出会った。以前にも猪に出会って追われたから危険を感じて下山した」と

そのまま一目散に下っていった。

自分たちもそれを聞いて怖くなり、そのままUターンした経験がある。

自然愛好家の人からヒンシュクを買うかも知れないが、ここはあまり獣には逢いたくない。

今まで山ではあまり動物に出会ったことは無く、たまに会った動物といえば鹿、猿、狐、狸。

猪は真っ平だ。最近買ったSONYの山ラジオのスイッチをあわてて入れる。

山頂では冬の日の快晴で、久しぶりにスッキリした風景を楽しめた。

もちろん猪にも出会わずにめでたしメデタシ。

Sintateyama_20100103_02

山頂より城山・孔大寺山・大島などを望む

Sintateyama_20100103_06

山頂より南東の犬ヶ岳・彦山方面を望む