« 確定申告書 A様式かB様式かで悩む | メイン | 宗像白山より孔大寺山へ »

2010年3月31日 (水)

インプラントの歯がつく

右奥歯の抜歯から7ヶ月、そしてインプラントの穴あけ作業から2ヶ月、先日やっと歯を取り付けた。

女房からは「入れ歯より断然良いはず」と常々いわれてきたが、いざインプラントの歯で噛んでみると、どこと無く違和感がある。

上手く噛めない。

食べ物が旨くない。

なにしろ右奥歯が数年前から歯周病で悪くなって以来、右側でものを噛んだことが無かった。

急には慣れないのだろう。

それとも歯に(顎の骨に)負担をかけないために以前の歯より小さく作ったためなのか?

とりあえずは、時間をかけて慣れていくしかなさそうだ。

何しろ歯が無いよりましなのだから・・・

Hitachitodai

日立市古坊池公園の日立灯台(2001年1月)

私の歯周病はこの頃から始まったようだ。

この頃より以降に抜歯した歯は3本!

ところで今にも倒れそうなこの木(なんの木notes・・・松?)、今でもしっかり立っているのかな?sandclock

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/414081/23753228

インプラントの歯がつくを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿