« 2010年10月 | メイン | 2011年1月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

木の葉が落ちて鳥の巣出現

Mokuren

秋も深まり、庭の落葉樹の葉も次々と落ちて明るくなった。

そんな庭木の枝を見上げていると、モクレンの枝に・何だか怪しげな・ボール状の・カマキリの巣を大きくしたようなものが目に付いた。

葉が生い茂っていたころはまったく気がつかなかった。

何だろう? (ー_ー)!!

木によじ登り上から眺めてみると、直径は7~8Cmで上部に開口部のある半球体となっている。

どうも鳥の巣のようである。

この大きさなら小鳥のようだ。

しかし今までもサザンカやマキなどに鳩が木の枝で巣を作ったことはあったが、それから比べると・・・鳩さんには悪いが・・・なんとも見事な出来ばえだ。

何の鳥の巣かは私の知識ではわからない空っぽの巣を毎日眺めている・・・

この巣で育ったであろう小鳥たち。

うまく巣立ちはできたのかな?

2010年11月10日 (水)

しかたなく禁煙中です

若い頃から長年吸いつづけて来たタバコ。

途中、体調不良となったときに何度か禁煙をしたことはあったが、いつも数ヶ月から数週間で失敗していた。

会社の健康診断でいつも禁煙をすすめられていたが、50歳を過ぎたころからは何も言われなくなっていた。

しかし近年タバコの害がますます大きく叫ばれ始めて、愛煙家の私は次第に肩身が狭くなっていった。

でも「私の信念は強いのだ。世の中の風潮に負けて禁煙をするような意思の弱い人間ではないっ!」とがんばっていた。

しかし今回のタバコの値上げ・・・

会社を退職後の懐には大きく響いた。

過去の値上げ時には何カートンも買いだめをしていた。

今回は買いだめはせず10月1日時点で残っていた5~6箱のタバコが尽きてからは買っていない。

そこで電子タバコを買ってきた。

この偽タバコ、『ス~ッ、ス~ッ』と大きな音を立てて力強く吸い続けないと、大した煙(蒸気?)も出ない。

吸うたびにぼんやり光る先端の赤い光を見ていると、なんだか少々情けなくなり、これも止めてしまった。

従って、現時点では1ヶ月ほどの完全禁煙中だが、いつまで続くか自信はない。

なにしろ禁煙している理由が健康のためではなく経済的理由なので、財布さえ許せばいつでも再開する可能性はある。

(たとえば宝くじで大金が当たったりして)

そう、健康のためには宝くじなどに手を出して高額の賞金が当たらないようにしなければ。

でも、やっぱり一度で良いから年末ジャンボが当たらないかな~yensmileyen

当たるためにはタバコを止めて願をかけたりして・・・???

Yuhu026

(花開く)

2010年11月 6日 (土)

懐かしいアルコールストーブ(その2)

先日突然出てきた東京トップのアルコールバーナー。

やっぱり一度火をつけてみたくなり薬局で燃料用アルコールを買ってきた。

_44

長年放置したアルコールバーナーである。

点火テストの前に、まずは綺麗に磨いてあげなくっちゃ!

コンパウンドで少し磨いてみると少しは真鍮の輝きが出たようだ。

そこでいよいよ、アルコールを少し入れての点火テスト。

最初は中心部から燃え始め、次第に周辺部の穴からも火が出始める。

しかし、まだまだ火力は弱いようで、あたりを暗くしてやっと炎が見える程度である。

Burner_14

30~40秒ほどすると次第に火力は上がってきたようだ。

Burner_16

『一段と強力な炎となります!』との説明書の通りとなったのは3分ほどたったあたり。

Burner_24

今回は屋内のテストなので、ここで一旦消火。

説明書の「使用後の注意」通りに蓋を閉めると簡単に火が消えた。

『なんだ、簡単に消えるじゃん!』

Burner_28

翌日は、いよいよ実際に炊事テストです。

4~5人用のコッヘルのゴトクを準備し火をつける。

_24

火が十分に火力を出したことを確認して

1リットルの水を入れたやかんをかけてみる。

これも説明書通りに約10分で沸騰する。

『うーん、結構いける!』

_26

さて、これからが問題の消火です。

何しろ、初めて使ったときは消火に手間取り四苦八苦した経験からバーベキュー用のトングを準備していた。

これで蓋を閉めてみる。

ン、簡単に消えた?。

_28

ちょっぴり気合が抜けた・・・

残ったアルコールはコンロの温度が冷えてから戻そうと考えて放置していたが、少し時間がたった後、ふとコンロを見ると、何と蓋の隙間から炎が吹き出ている~!。

これじゃ昔の記憶通りじゃん!。

_34

でも用意していたトングで蓋をあれこれと閉めなおすと、何とか火が消えてくれた。

このコンロ

小さくても一筋縄ではいかないようだ。

やっぱり本棚の隅にでも飾っておこうかな?