« 2011年1月 | メイン | 2011年4月 »

2011年2月

2011年2月 4日 (金)

H22年分確定申告、送信完了ヽ(^o^)丿

平成19年分からはじめた電子申告(e-Tax)、今回で4回目となる。

4回目ともなると慣れているように感じるが、年寄りが年に一回限りの確定申告書作成である。

初回はもちろん、毎年毎年入力~送信におっかなびっくりで挑戦する。

特に今年はパソコンを更新して、関連ソフトを全て新たにインストールしている。

かつe-Taxの3年経過問題(ちょっと大げさな!?)。

すなわち電子証明書の有効期間とe-Tax暗証番号の有効期間がどちらも切れる。

しかしいずれも簡単に更新・変更、作成もとんとん拍子で今年も昨日送信完了!

でも年齢とともに頭の回転が鈍~くなり今後を考えると少し不安がある。

今は何とかオンラインの操作マニュアルやQ&Aなどで何とかなっているが、自分専用の操作マニュアルを作成しておく必要がありそうだ。

Hiro_07jpg

2011年2月 3日 (木)

凍てつく難所ケ滝へ

今年の寒さは数十年ぶりの寒さだと気象予報士さんも言っている。

確かに寒い。

テレビでも三郡山の難所ケ滝氷結を紹介している。

「それでは」と寒波も一段落、人出も一段落と思われる2月1日の火曜日、一人で出かけた。

10時前、昭和の森公園の駐車場に着いたが、すでにかなりの車がとまっている。

久し振りの難所ケ滝だが、登山者はかなり多いし案内板もしっかりしているので、不安なく登ってゆく。

登山道に入ると雪も多くなった。

先行の登山者はここでアイゼンをつけているので、私もならって簡易アイゼンをつける。

Nansyo1

やがて、小つららと呼ばれているというところに着く。

Nansyo2_2

ここの氷結も見ごたえがあるようだが、帰りに寄ることにしてそのまま通過。

道は次第に急になってくる。

この時間になると、下山してくる人も多くなってきた。

その中には靴に藁(わら)を巻いていた人がいたようで、私と前後して登っていた人が教えてくれた。

私は『雪国育ちで、この程度の雪ではわらでじゅうぶんなのかな?』なんて考えていた。

・・・が、何故かふと今朝の出発前の準備のことを思い出した。

私は冬用の登山ズボンを持っていない。

冬用の登山ズボンとしては、昔々のツィードでできたニッカボッカしかないので、最初は履いてゆくつもりだった。

でも、すぐに思い直して普通の(?)ズボンに履きなおした。

なにしろ、ニッカボッカなんて、近頃は山の店でもほとんど見ることは無くなっており、最近の山のファッションでは通用しなくなっていることは十分自覚している。。

どこかのブログ記事かなにかに『出たっ!ニッカボッカのおじさんに』的な記事を見かけたこともあったし・・・

『でも、いっそ長靴にわらでも巻いて人目につくのもいいかも』

疲れたせいか、そんなことを考えながら汗をかいて難所ケ滝に到着。

Nansyo3

Nansyo4

今年のすご~い寒波のせいか、凍った難所ケ滝は見ごたえがあった。

その後予定の三郡山まで登りたかったが、ここで早めの食事をしたおかげですっかり登る気力が無くなり、ぶらりぶらりと昭和の森公園へと下っていった。

難所ケ滝を午後の日が照らすのを見に行くのか、まだまだ登山者は登ってきている。

2011年2月 2日 (水)

この~木・・・気になる木♪

今年の目標は週一回は近くでも良いから山に登り、他には自転車で走り回ろうと考えた。

近くの山とはいえ、去年のように同じ山を毎回登っても楽しみが無くすぐに飽きてしまうので、今年は宗像市内の山でも、いろいろな山をいろいろなコースで上ることにした。

今年に入ってすでに新立山と許斐山に登ったので、今回は三郎丸の登山口~城山~石峠~三郎丸登山口と回る。

城山に上るこのコース、私は一番気に入っている。

何しろ、急登なし、急な下りなしなので。

私の一番嫌いなのは階段状の急な下り。

年寄りの私には見るだけで膝がおかしくなりそうである。

1月29日の土曜日、尾降神社に自転車を置き、城山に登る。

山頂には、まだ1月とあって、しめ飾りなど。

でも、後ろの木。

何だか変?

Joyama01

そうです、人面木ですっ!。

Joyama02

私が最初に見たのは2008年頃ですが、未だに残っている。

これって何?

どう見ても自然に出来たものではなさそう。

はじめは誰かのいたずらかと思っていたが、未だに残っているのは何かいわく因縁ありそうな雰囲気。

この山の常連さんに聞いてみたかったけど、ちょうどこの日、この時間帯には誰もいない。

とりあえず、ちょっと会釈して石峠へと降りました。