« 2011年5月 | メイン | 2011年8月 »

2011年6月

2011年6月22日 (水)

宗像山歩き

sun6月21日は朝から青空が広がった。

梅雨入り直後はあまり雨が降らず、庭木の剪定なども順調に終わっていたが、その後はよく雨が降る。

宗像の山歩きも6月4日に新立山に行って以来歩いていない。

今回は久し振りに教育大から登ってみようと城山の登山口に自転車で向かう。

暑い!

登山口に着いたときにはすでに汗びっしょり。

汗が引くのを待っていたが、なかなか引かないので、しかたなく歩き始める!

全行程、自転車13Km、徒歩4Km

久し振りの運動だったせいか、体力の無さを実感。

「もう少しこまめに運動せにゃー」と、家に帰ってビール飲み飲み反省beer

うまっdelicious

Dscf0288

登山口で会った人が言ってたように、キヌガサダケは登山道の横と少し離れたところに少しあったが、すでに型崩れした状態。

仕方ない。この時間(11時頃)だから。

Dscf02921

山頂では例の木がお出迎え

Dscf0297

ミニ滝発見!

Dscf0300

山頂からは周遊道経由で下山。

雨の多い梅雨時期のせいか、水が滝のように音を立てて流れていた。

ここは風流に水の音を立ち止まって聞いていると、たちまち蚊の餌食

トホホッ (>_<)

2011年6月 6日 (月)

血圧の測り方って?

09_

今年2月の健康診断結果に血圧、肝機能、血糖および脂質で「軽度の異常が疑われます。生活習慣を改善し、6ヶ月後に再検査を受けられることをお勧めします・・・」とのコメントがついてきた。

血糖値に関しては過去、在職中にも管理患者となったこともあり、食事と運動で何とかなった経験があったので、自信があった

しかし今回は血圧までも・・・

とりあえず、健診結果をもとに健康相談にいったところ、すぐには病院にかかる必要まではないが、6ヶ月後には再検診をしたほうが良いとの事でしばらく様子を見て、今年度の健康診断を6ヶ月後で申し込んだ。

それまでに何とか自分で健康管理に勤めようと、まずは毎朝の血圧を測ることにした。

ところが測ってみると、数値が140~150と異常に高いときがある。

しかしそんなときに、2度目に測ってみると今度10以上下がった値となる。

さらに3度目になるとさらに低くなって正常値となったり、たまには高くなったり・・・

(?_?)

どれが正しい値かな?

これって血圧計の測定誤差、それとも自分自身の体調?

あわててネットで血圧の測り方を調べてみる。

すると~~っ

何と何とも、いろいろな説がある。

1.回数は?(1回、複数回の平均)

2.姿勢は?(椅子、正座、あぐら、寝た姿勢)

3.左右どちらの腕がいいの?

このうち測定回数の意見が一番バラバラのようだ。

一番権威のありそうな日本高血圧学会の測定回数への注意によると

1回目の血圧測定を決して否定してはならない。

大変平易ないい方であるが、HBP測定値は、決して「嘘をついていない」からである・・・

とある。

なるほど(゜_゜>)

でも、でも

2回目の測定値だって嘘をついていないのでは?

「血管を何度も圧迫していると血管の状態が変わり次第に測定値も変わる」という理論もあながち嘘ではなさそうだが・・・

しかしあまりにも毎回バラバラの値が出るので、今は複数回測定し、2回の測定値の差が5以内となったとき、2つの値の平均値を記録している。

(そのような測定方法もWEBのどこかに載っていた)

測定する本人にとっては、低い値が良いに決まっている。

何しろアルコール制限など「真っ平御免!」だから(^^)/~~~