« 2013年5月 | メイン | 2013年8月 »

2013年6月

2013年6月18日 (火)

家系図つくり(2)

Photo

2年近く前、家系図つくりに興味を持ち、親の遺したメモや戸籍関係の証明書を取り寄せて調査していた。

北九州市での戸籍までは調べたが、その以前の分は関西方面から転籍していたため、そちらから取り寄せなくてはならなくなった。

でも、存在するかどうかわからない証明書の調査のために関西に行くのはもちろん、郵送してもらうにも手続きが何だか面倒くさそ~despair

面倒くさがり屋の私としては、当然のように放置してしまっていた。

でも、最近親戚から「出来上がったら家にもほしい!」

と云ってるとのこと。

家内が家系図のことを話したらしい。

ゲゲッ coldsweats01

そこでこの春から調査再開!。

さっそく関西の自治体に電話してみる。

どれだけの資料があるかわからない中での請求方法を尋ねてみると、

「データの有無は電話では答えられない。しかし『関係ある証明書すべて必要』ということで請求すれば、手数料の不足分などは電話で連絡します。」

とのこと。

そこで、ネットで請求手続き方法を見てみると

直系尊属を証明する書類は3か月以内のものに限る

とある。

あらら、今持っている謄本類はすべて期限切れである。

「3か月過ぎても親子関係は変わらないのではないの?」

なんて思っても、決まりは決まり!

さっそく(再び)北九州へと戸籍謄本を取り寄せに行くことになる。

今回はコムシティに最近移ったと聞いていた八幡西区役所に行ってみた。

さすがに綺麗で広々としている。

しかも昔は役所といえばおっかなびっくりで行っていたが、最近では請求書の記入に誤りがあっても丁寧に教えてくれて迷うことはない。

無事(?)必要な謄本をもらい、担当の方にお礼を言って出てきた。

久しぶりの八幡なので、久しぶりに同期の友人宅に寄ってみる。

彼得意の手打ちそばをごちそうになり、

・・・これがなかなか旨いdelicious)・・・

現況や昔話などをして帰宅した。

久しぶりに楽しい一日でした。smile

2013年6月 8日 (土)

泉水山・黒岩山のミヤマキリシマ2013

泉水山~黒岩山縦走

Map

長者原(8:30)~下泉水山(9:35/9:50)~上泉水山(10:20)~大崩ノ辻分岐(10:45)~途中引き換えし~大崩ノ辻分岐(11:00)~P1450(11:15)~黒岩山(11:34/11:40)~黒岩山頂下広場(11:45/12:10)~牧ノ戸峠(12:40/12:45)~長者原(13:35)

距離:約10Km⇒時間:約5時間でした。^_^;

<==========================================>

6月3日は晴れ。

翌6月4日も晴れの天気予報となっている。

梅雨入りも早かったが、直後に早々と梅雨の中休みとは・・・

そこで4日の早朝、さっそく九重に一人で出かけた。

最近、車を小型貨物に替え、ETCも付けたので久しぶりに高速で九重ICまで走り長者原に到着する。

Sensui_1

さすがに早やっ!

8時前には長者原に到着していた。

今回、どこの山に登ろうかとぎりぎりまで悩んだが、この歳では大勢の登山者の列に巻き込まれそうな平治岳や大船山は敬遠し、のんびりと尾根歩きができそうな泉水山から黒岩山のコースとした。

長者原の駐車場には九州以外のナンバーを付けた車も多く混じりにぎわっている。

それらの人たちがそれぞれ雨ヶ池やスガモリ越を目指して出発している方角とは反対の、泉水山へと私は向かった。

長者原の駐車場より長者原キャンプ場へと向かう橋を渡る。

Sensui_2

Sensui_3

狙いは的中。

だ~れもいない。

いやいや、同年輩の登山者が一人。

でも、同年輩とはいえかなりの経験者の様子。

最初のうちは前後して登っていたが、やがて前方に見えなくなって、二度と追いつくことはなかった。

道はひたすら下泉水山の山腹をめぐる。

Sensui_4

振り返ると由布岳も顔を出してきた。

Sensui_6

やがて下泉水山を目指して木々の間をまっしぐらに登り始める。

今日の気温が高いことと、私の体力不足では林の中の急登で汗が噴き出す。

Sensui_7

下泉水山はアセビのトンネルの中から右手に少し行ったところの岩の上。

Sensui_8
よじ登った岩の山頂からは360度の展望を楽しめた。

もちろん九重連山も目の前に広がる。

Sensui_9

下泉水山より上泉水山を目指して歩きはじめると、すぐに目的のミヤマキリシマが現れ始める。
Sensui_10
急な登りをトラロープを頼りに登って行くと上泉水山がさりげなく立っている。

見どころはこの後の1450ピーク付近の方がいいように感じた。
Sensui_11
黒岩山へ向かっていると、「大崩ノ辻」への案内板に出合う。

大崩ノ辻へは一度も行ったことがなかったのでそちらに進んでみる。

Sensui_12

たんたんと笹の中の道を進んでいたが、やがて林の中に入り、その後はどんどんと登る様子。

「ヤメター」

一人登山の強み。

即、元の縦走路に引き返し、黒岩山を目指す。

Sensui_13


Sensui_14

次第にミヤマキリシマは目立ち始める。

このころになると、牧ノ戸側から登ってきた登山者グループとすれ違うことも多くなってきた。

Sensui_15

黒岩山は間近!

Sensui_16

Sensui_17

少し曇ってきたものの黒岩山頂から合頭山、猟師山などの見晴らしも良い。

山頂直下の新緑はさらに美しい。

Sensui_18

黒岩山山頂下の広場で昼食をする。

restaurant昼食後・・・

牧ノ戸への下りの撮影ポイントでパチリ!

Sensui_19

このシーズン、牧ノ戸周辺は車がたくさん止まっている。

逆コースで、牧ノ戸から登ってきた登山者の話では、平日にも関わらず、9時ごろには駐車場はもちろん道路脇もいっぱいだったとのこと。

休憩もそこそこに遊歩道を長者原へと下った。

この遊歩道、綺麗に舗装整備されているが、1時間弱とはいえ登山靴での下りは少々疲れますsweat01

長者原ではspaで汗を流して帰途につきました。happy01

Sensui_20

*************************************************************************

縦走中に撮った少しばかりの花々です。tulip

1

2

3

4

今日(8日)の朝日新聞朝刊一面に、写真付きで平治岳のミヤマキリシマの見ごろを伝えていました。

見事です!

平治岳では繁茂したノリウツギなどを伐採しているとのこと。それが功を奏している?

渋滞待ちがあったとしても、あちらの方がよかったかな?

と、ちょっぴり感じた写真でした。(T_T)

2013年6月 1日 (土)

宮地山~在自山

宮地嶽自然歩道(宮地山~在自山)

(図はDAN杉本氏作成の「カシミール3D」を使用して作成しています)

G_3

Map

今年の北部九州は27日に早々と『梅雨入りしたようだ!』とのこと。

5月30日は曇り模様ながら、宗像方面では昼から晴れると予報されていたので、福津市の宮地山に登ってみようと自転車で向かいました。

土産物屋の並ぶ参道の先に自転車を停め、そこから歩きはじめます。

鳥居をくぐり階段を上ると、真正面にこれから登る宮地山が見えます。

Miyaji_1
さらに本殿の横を通り奥の宮に向かい、一番奥にある不動神社へ。

Miyaji_2

不動神社のその先に、「つつじ苑」があり、ここから「宮地嶽自然歩道」が始まります。

Miyaji_3

5月上旬ころにはこの一帯にツツジが華麗に咲き誇ている・・・はずです。

でもいまはサツキがぱらぱらと・・・

Miyaji_4

道はしばらく舗装されていますが、すぐに山道となります。

意外に明るい登山道です。

Miyaji_10

不動神社より・・・私の足で・・・20分ほどで、宮地山山頂への分岐に着きます。

Miyaji_11

案内に従って右手へ5分ほどで宮地山山頂に到着。
山頂には宮地嶽神社の古宮があります。

ここは木々に囲まれ暗い空間です。

これもパワースポット?

Miyaji_12

この先にも道は続いているようですが、少し先に『御来光遥拝所(立入り禁止)』の札がありました。

道も不明確となっているようなので、掲示に従い引き返しました。

分岐に戻り、在自山に向かう尾根道を進みます。

この道の両側には竹が茂っていますが、尾根道のためこの天気でも暗くはありません。

Miyaji_13

在自山手前で展望のきく台地に出ます。

ここからは津屋崎から新宮の海岸が見渡せます・・・のはずですが・・・

生憎の天気(あの予報はだれだっ!)

こんな様子です↓

Miyaji_15

そこから数分で在自山。

ここも木々に囲まれた平らな山頂。

見通しもないので切れかかったGPSの電池を変えてすぐに出発です。

Miyaji_16

山頂から少し下ると、在自山(天蓋山)の古宮という金刀比羅神社の古宮の上に出ました。

Miyaji_17

ここからも気持ちの良い林の道を下り、15分ほどで在自林道に出ました。

ジュースの自動販売機やトイレの案内もしっかり出ています。

Miyaji_19

林道を下ること約5分。

金刀比羅神社横の遊歩道終点(始点)に着きました。

Miyaji_20

Miyaji_21_2

ここからは住宅地の中を元の宮地嶽神社へ約1.7キロ戻ります。

団地の庭の花などを眺めながらの散歩です。

私の記録は

参道鳥居(10:28)→不動神社(10:40)→宮地山(11:05/11:10)→在自山(11:30/11:35)→金刀比羅神社(11:55/12:00)→参道鳥居(12:25)

camera

例によって歩き疲れると、道端の花などを撮って紛らわせます。

今回も平地にある花しかありませんがとりあえずです<m(__)m>

Miyaji_6


Miyaji_7


Miyaji_8