« 最後の同窓会? | メイン | 直方チューリップフェアー »

2014年3月22日 (土)

国史跡となった宝満山へ

昨年10月、宝満山が国の史跡に指定されたと知る。

そこで久しぶりに宝満山にでも登ってみたいと考えていた。

3月14日の午後、雨が雪に変わり近くの西山も山頂付近は白く見える。

これはチャンス!

翌日、息子を誘って宝満山のカマド神社コースに向かった。

Ho_1

図は国土地理院「基盤地図情報(標高)」とDAN杉本氏作成「カシミール3D」を使用して作成しました

宗像よりこちらのほうが雪が多いだろうと軽アイゼンまで準備して竈門神社に到着。

Ho_3

以前駐車したことのある神社前の駐車場は参拝者専用となり入場できない。

指示に従い200メートルほどバックして新しくできていた登山者用の駐車場に止める。

それにしても付近には残雪の気配もない(゜.゜)

Ho_20

神社の駐車場横には新しくtoiletができていた。

ここで用を済ませ10時20分、いざ出発sign03

竈門神社もきれいに建て替えられていた。

Ho_4

久しぶりの山歩き

一の鳥居付近ですでに息切れcoldsweats01

Ho_7

何しろこのコース

ひたすら石段の登り

ゆっくりゆっくりと登る我々の横を、上り下りの特急列車が通過して行く。

Ho_10

Ho_11

途中でやっと残雪に巡り合う

いいぞっ!

上部の積雪に期待を抱かせるconfident

Ho_12

やがて百段ガンギ(>_<)

Ho_13

あえぎながら上り詰めたところ(西院谷?)は雪解けと日の光で幻想的☆彡

Ho_14

中宮跡に着いたが、ここも大した残雪はない(-_-;)

でも、小さな雪だるまが・・・

そして山頂方面から下ってきた人が一言

『山頂の雪はすごかったですよ!』

ヤッタ!

少し元気を取り戻す。

Ho_15

でもやはり疲れていた。

予定していた羅漢道には回らず、まっすぐ男道を通って山頂に向かう。

12時40分、神社から2時間と20分。

やっと山頂にたどり着いた。

でも・・・

雪は・・・どこ?

Ho_17 

Ho_18

Ho_19

さすがにこの時刻では雪は解けてしまったようだ。

あ~、残念、無念(ノД`)・゜・。

でも

久しぶりに山頂でラーメン(インスタント)を作って食べる。

やっぱしこれが一番うまか!





























































トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/414081/32160461

国史跡となった宝満山へを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿