« 湯川山 | メイン | 万年山のミヤマキリシマを訪ねて »

2014年5月25日 (日)

宗像・弥勒山~金山周遊

2014年5月23日、弥勒山へ行く。

弥勒山は、宗像四塚の一つである金山から西に延びる尾根上にある230Mほどの山。

過去にも2度ほど登ったことはある。

いずれも金山の尾根から向かったが、尾根からの急な下りは年寄りの私には嫌だった。

そこで今回は平等寺より登り、弥勒山から金山へと向かうコースにした。

自転車でクリエイト宗像から平等寺へ向かうと正面に弥勒山が見えてくる。

Dsc00502

自転車は平等寺公民館の空き地の隅にそっと置かせてもらい出発!

Dsc00509

公民館から15分ほど歩くと登山口に到着。

ここには登山口の標識は見当たらず『四国第六十六番雲返寺』の石柱があるだけである。

でもその横に竹の杖が何本か立ててあるので登山口らしさを感じる?

Dsc00516

道はスギ林の中を進むがやがて竹の混じったスギ林となってくる。

足元は急斜面のところにはコンクリート製の杭で階段状に整備しているので歩きやすい。

次第に竹のほうが断然優勢になってきて

その竹も終わるころ、上が開けて簡素な遥拝所のようなものが建っていた。

ここでイタチが一匹お出迎え。

でもすぐにやぶの中へ・・・eye

この付近から山頂にかけての道端には石仏が数多くある。

ここでも石仏は欠けたり割れたり台座だけのものなどが何体もある。

Dsc00540

尾根手前に来るとこのコースでは数少ない展望があり、西側のクリエイト方面が見渡せる。

Dsc00541 

そして尾根の上に到着。

少し開けたこの場所には祠と石仏が一体。

Dsc00542

さらに5分ほど進んだ先に「弥勒山230m」の札が木にかけてある。

ここが山頂のようである。

Dsc00551

ここから少し下った後は金山の尾根を目指して登る。

ここが今回のハイライトsign03

落ち葉の敷き詰められた急な斜面に一苦労bearing

両手も使っても滑りそうになりながら何とか金山北岳と南岳の尾根の中間あたりに出た。

ほっと一息(フ~ッ)

ここから金山北岳に行き孔大寺山を眺めながらしばらく休憩confident

Dsc00561

10分ほど休んだ後は少し引き換えし金山南岳、石峠経由で城山西登山口に下る。

樹林の中の歩きはここまで。

Dsc00581

泉ヶ丘の交差点付近に出た後は県道75号線を歩き出発地の平等寺公民館へと戻った。

振り返れば弥勒山も金山も春の緑の山です。

快適なハイキングでしたが(一部急斜面は除くhappy01)木々に覆われた山で風通しも良くなさそうなので、夏はちょっと敬遠かも・・・

Dsc00592

今回の記録です

歩行時間:2:20

平等寺公民館→(15)弥勒山登山口→(35)弥勒山→(25)金山→(25)石峠→(20)城山西登山口→(20)平等寺公民館

(以下の図はDAN杉本氏作成の「カシミール3D」を使用しました)

1km

shoe

Photo





























トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/414081/32264763

宗像・弥勒山~金山周遊を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿