« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月10日 (月)

名残の雪降る筋湯温泉へ(2)

3月28日の朝、温泉街は融雪剤で溶けているものの、県道40号(飯田高原中村線)は圧雪状態で車はチェーンをつけて走っている。

_170328_057

あれ~、これじゃ今日一日宿屋の中で過ごすことになるのかなweep
今日は近くの猟師山にでも行ってみようと思っていたのに…


それでも、この時期の雪はすぐに溶けるという宿の人の話なので、宿でゆっくりとし10時近くになって出発する。

登山口と思っていた<九重森林公園スキー場>に着くと、まだ営業中でスキーヤーが滑っている。

_170328_059

それならばと、近くの一目山・みそこぶし山方面を歩くことに変更し八丁原の登山口まで戻った。

_170328_060 (八丁原登山口)

見晴らしの良い草原の斜面を30分ほど登り一目山の山頂に到着。

最近の雪のおかげか、ここからの眺めはscissors

_170328_083 (一目山よりスキー場を眺める)

少し休んだ後、みそこぶし山・涌蓋山方面へと向かう。

_170328_086 (一目山からの下り)

三俣・星生・久住などの山々の白い山頂が美しい。

_170328_097

みそこぶし山に到着sign03

_170328_123 (みそこぶし山頂)

我々の体力では涌蓋山までは無理なので、本日のお散歩はここまで。

もとの道を引き返しました。

_170328_124 (みそこぶし山より眺める涌蓋山)

下山後、まだまだ時間が早いので長者原にも行ってみました。

_170328_152 (長者原)

_170328_157 (野焼き後のたで原湿原)

Sujiyu

温泉に

貸し切り状態でのんびりと入浴したせいか

それとも気のせいか・・・

腰が軽くなったような感じで帰宅しました。

happy01



※ヤマレコの記録はこちらです。

2017年4月 9日 (日)

名残の雪降る筋湯温泉へ

昨年夏から腰痛の続く私のことを心配して、家内が一週間ほどの湯治に行こうと提案してきた。

今までに湯治なんてしたこともないし、いかに温泉が好きだといっても毎日毎日湯の中では飽きてしまいそうだ。

第一、長くなれば経済的にも自炊する必要がありそう。

それじゃー家に居るときとあまり変わらない気がする。

ということで、

今回は<朝、夕食付>2泊3日で筋湯温泉へ行くことになった。

筋湯温泉近くの《九重森林公園スキー場》が3月26日まで営業中とのことなので27日に出発。

何度も通る小国経由の道だけど、今回は《鍋ヶ滝》に寄ってみる。

滝は裏側も広く、予想していたよりもずっと見ごたえがあった。

_170327_002 (くまもん?)

_170327_012 (鍋ヶ滝)

_170327_014 (鍋ケ滝)

_170327_021

(鍋ケ滝)

滝の見物も終わって、

時間は少し早かったが、早めに温泉に行こうとナビの目的地を『筋湯温泉』に設定する。

ところがなんと、 ナビさんが言うには

「この先、雪のためタイヤの滑り止めが必要です」な~んておっしゃる。

「ウソ!そんなもん持ってきていないよ!」

あわてて <道の駅小国>で道路情報を調べる。

 たしかにこれから走る横断道路は、長者原から熊本県境まで滑り止めが必要とのこと。

でも、筋湯温泉に行くために横断道路を通るのは瀬の本からほんの少し。

しかもこの時期の降雪では状態が刻々と変わるはず。

今度は最新の情報を求めて小国署に行ってみると

 筋湯方面には行けるということがわかる。

やれやれ。


筋湯へ行く途中のスキー場近くの道路は雪がシャーベット状態だったが、注意すれば走ることができ、無事到着。

_170327_030 (うたせ湯)

_170327_034

夕方になって雪が降り始めたのが少し気になったものの、

趣のある旅館で温泉につかり、

 おいしい夕食と普段よりも多めのお酒に満足して床に就いた。

_170327_040