« 名残の雪降る筋湯温泉へ | メイン | パソコン故障で四苦八苦(>o<) »

2017年4月10日 (月)

名残の雪降る筋湯温泉へ(2)

3月28日の朝、温泉街は融雪剤で溶けているものの、県道40号(飯田高原中村線)は圧雪状態で車はチェーンをつけて走っている。

_170328_057

あれ~、これじゃ今日一日宿屋の中で過ごすことになるのかなweep
今日は近くの猟師山にでも行ってみようと思っていたのに…


それでも、この時期の雪はすぐに溶けるという宿の人の話なので、宿でゆっくりとし10時近くになって出発する。

登山口と思っていた<九重森林公園スキー場>に着くと、まだ営業中でスキーヤーが滑っている。

_170328_059

それならばと、近くの一目山・みそこぶし山方面を歩くことに変更し八丁原の登山口まで戻った。

_170328_060 (八丁原登山口)

見晴らしの良い草原の斜面を30分ほど登り一目山の山頂に到着。

最近の雪のおかげか、ここからの眺めはscissors

_170328_083 (一目山よりスキー場を眺める)

少し休んだ後、みそこぶし山・涌蓋山方面へと向かう。

_170328_086 (一目山からの下り)

三俣・星生・久住などの山々の白い山頂が美しい。

_170328_097

みそこぶし山に到着sign03

_170328_123 (みそこぶし山頂)

我々の体力では涌蓋山までは無理なので、本日のお散歩はここまで。

もとの道を引き返しました。

_170328_124 (みそこぶし山より眺める涌蓋山)

下山後、まだまだ時間が早いので長者原にも行ってみました。

_170328_152 (長者原)

_170328_157 (野焼き後のたで原湿原)

Sujiyu

温泉に

貸し切り状態でのんびりと入浴したせいか

それとも気のせいか・・・

腰が軽くなったような感じで帰宅しました。

happy01



※ヤマレコの記録はこちらです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/414081/34054313

名残の雪降る筋湯温泉へ(2)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿