« 2017年5月 | メイン | 2017年8月 »

2017年6月

2017年6月24日 (土)

アジサイと風力発電と石油備蓄基地

パソコンも落ち着いてきた6月14日

アジサイ祭りがあってるという若松の高塔山に家族で出かけました。

やはり今年の雨の少ない梅雨のためか、4年ほど前に来た時に比べてアジサイは小ぶりでした。

_20170614_03

(高塔山公園)

_20170614_10

(かっぱ地蔵)

_20170614_12

(若戸大橋)

_20170614_13

(新日鉄住金など)

_20170614_40

高塔山から見た若松北海岸の風力発電の風車が気になり、そちらにも寄ってい見ることにし、近くにあった「白島(石油備蓄基地)展示館」に入ってみました。

ここに、こんな立派な施設があることを初めて知りました。

中は石油備蓄関係の展示室、映像ホール

そして最上階の展望室からは、響灘が一望できます。

_20170614_44

(白島展示館)

_20170614_52

(白州灯台)

_20170614_53

(白島国家石油備蓄基地の遠望)

_20170614_57

(白島展示館から見る「響灘風力発電所」の風車群)

_20170614_66

 

_20170614_77

(白島石油備蓄基地のジオラマ)

_20170614_80

(この樽が1バレル・・・!だそうです)

今年の天候のせいでアジサイはいまいちでしたが、響灘の眺めに満足した楽しい一日でした。

パソコン修復中(その2)

イベントビューアーにエラーがでているものの、

内容が良く理解できないこと、少しいい加減な私の性格のため

何とか動けば良しとしてそのままインストールを続けてゆく。


今回はCドライブが250GBのSSDとなったので

少しでも容量を節約し、アクセスも減らすことができればと、WindowsやAPの一時ファイルをハードディスクに変えている。

どんな影響が出てくるかは… (・・?

それでも何とか…よく使うソフトはほぼ復元できた\(^o^)/

残りは其のうち時間のある時にしよう。

現状は・・・

Windowsの立ち上がりはもちろん、APの動きも早く感じるのでSSDの効果大happy01


(イベントビューアーのエラーログは・・・見て見ぬふりをして)


ただしsign03

『ファイル履歴のバックアップログ』だけはまじめに監視してま~す。

Photo

2017年6月23日 (金)

パソコン回復中?

5月26日にはまったく動かなくなったわたしのパソコン

5月27日の朝には注文していたSSD(250GB)とHD(2.0TB)が届く。

合計19,940円也~

・・・こんな値段で大丈夫sign02

とりあえず息子が早速組み込んでくれた。

でもOSやAPのインストールは私の仕事sign03

午後から早速取りかかる。

oneWindows10のインストール

twoバックアップしていた前データの復旧

threeプリンターとスキャナー関係のドライバーやソフトのインストール

fourMicrosoft Office 2010(古い!)のインストール

とここまで進み

「まてよ、ここらでイベントビューアーでも確認しとくか」

と開いてみると・・・

『AppContainer SID を登録できなかったため、AppContainer プロファイルがエラー 0x800700B7 で失敗しました。』

のエラーがたくさん出ている。

「何これ?」

ネットで調べてみたが、私ごときにでは理解できない。


とりあえず動きに異常はなさそうなので…

 このまま他のソフトのインストールを続けることにしました・・・coldsweats01

Photo

2017年6月22日 (木)

精密検査結果に 『ほ~ッ!』

健康診断の胃がん検診で『要精検』の結果票と紹介状が来た。

胃カメラによる検査である。


昔、胃カメラの検査を受けたことがあったが、この時の喉の拒絶感は激しく何度かやり直してやっと喉を通った。

とにかく苦しかったことを思い出した。




あれから約20年。

胃カメラも少し小さくなっているようだ。

それでも少しでも大きな病院のほうが安心なので、市内の総合病院で検査を受けることになる。


事前準備の段階から緊張!

 「のど」の局所麻酔のスプレーの時から汗がでてくる。


『リラックス、リラックス』と頭の中で唱え続ける。

いよいよ内視鏡を入れるときには、やはり異物感で吐きそうになった。

しかし、それも一度だけ。

「一番苦しいところは過ぎましたからね」との先生の言葉に、一回目の『ほ~ッsign01

各部を観ながら「胃透しで指摘された箇所を含め全体に異常はなさそうですね」の言葉でも『ほ~ッsign03


結果の説明では、

「指摘されていた部分には異常はありません。」

「ほかに胃炎の部分が何か所かあるものの、治療するほどのことはありません」

『ほ~ッ!』heart04

前回と比べるとかなり楽で、胸をなでおろして病院を後にした。


私は胃が悪くなることが多く、胃薬もしょっちゅう飲んでいる。

そのため毎年の健康診断では胃透しの検査を受けている。

(昨年度は申し込むのを忘れたが('◇')ゞ)

しかし

これが結構辛く、便秘になっては困るし、下剤が効きすぎてトイレに何度も何度も往復する辛さもたまらない。



どーせ胃透しの結果が悪くて胃カメラを飲む羽目(?)になるのなら、

『年に一度の検診では初めから胃カメラの方がいいのかな』

と考えるようになった今日の経験でした。

_20090804_386