« アジサイと風力発電と石油備蓄基地 | メイン | 戸畑の提灯山を見てきました »

2017年6月28日 (水)

カシミール3Dの地図復元

今回のパソコン故障でも、保存していた写真や作成したドキュメント類はバックアップしていて無事だった。

・・・が

プログラムやプログラムが使っているデータは消えてしまっているsad


その中で、《カシミール3D》で使っていた国土地理院の『基盤地図情報(標高)』は非常に残念至極。

たしか10mメッシュのデーターだったが、かなりのデータをダウンロードして取り込んでいたと思っている。

再び全国の主要なデータをダウンロードしセットする根気はない。

しかし、よくよく調べてみると『地理院10m標高(タイルマップ)』を使えばを何とかなるようである。

(操作はまだよく理解していないが・・・)


でも…でも今では基盤地図情報の「数値標高モデル(5mメッシュ)」データもあるそうなので…

「せめて九州だけでも」

と九州7県のデータをダウンロードした。

このファイル…

 ロシアのマトリョーシカじゃないけれど…

  ZIPファイルの中から再びZIPファイルが出てくる eye

Windows10でZIPファイルの解凍はできるのだけど、複数のファイルを選択後まとめて解凍しようとすると、右クリックで選択した1ファイルしか解凍してくれない。

これじゃーだめだ!大変な手間暇がかかってしまうよ!

そこで複数ファイルの一括解凍ができるというフリーソフトの《Lhaplus》をインストール。

これで一気に解凍し何とか使えるようになった。

早速今月16日に歩いた九重長者原の「タデ原一周満喫コース」(赤い線)の部分を表示してみる。

さすがに5mメッシュの精密さはすごい!

川の縁の細かな形状までまで現れる。

Map2

次は翌日(6月17日)に歩いた…

合頭山~牧ノ戸~扇ヶ鼻分岐往復のトラックデータを『カシバード』による立体図に現してみた。(猟師山上空500mより)

これにも満足sign03

3



体力は衰えてきているものの、これでまた山歩きが楽しくなりそうです。

ガンバ!!rock

  歩いた記録はYAMAPにあります。


※上図2枚は国土地理院地図およびカシミール3Dを使って作成しました

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/414081/34068713

カシミール3Dの地図復元を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿