« 2018年4月 | メイン

2018年5月

2018年5月 4日 (金)

戸畑豆辞典

「『郷土戸畑』第二号別冊 戸畑豆辞典」を昨年ネットで買った。

Photo_2

昭和34年発行の50ページほどの小冊子で

価格は1,500円+送料300円=1,800円也

これを知った家族は「年寄りの変な買い物」と思っただろう。

この色変わりした古書を何故買ったのかconfident

それは

 もう一冊の戸畑の豆知識が詰まった小冊子

 「『「郷土戸畑』第三号別冊 戸畑豆手帳」を亡母が遺していたからである。

これは昭和34年1月1日より昭和34年12月31日まで西日本新聞戸畑版に連載された、100字程度の戸畑の郷土に関する文をまとめたものである。

私が生まれ育ったのは戸畑市(今の北九州市戸畑区)。

結婚後、戸畑を離れたがいつになっても戸畑が懐かしく感じる。

(実際には職場は戸畑で、会社を定年満期するまで通っていたのに・・・)

そのため

懐かしい戸畑の古い記録や写真を見た時、この冊子を何度か見て参考にしたeye

その本を見てもう一冊、昭和32年12月4日より昭和33年12月31日まで連載されたものをまとめた、上記の「戸畑豆辞典」があることを知りネットで注文したということ。

でもthink

別に物を書く趣味は無し

あくまでも見て感心したり懐かしがったりするだけのことなのですが・・・smile

2018年5月 3日 (木)

関門トンネル開通60年

関門トンネルが開通して今年で60周年だそうです。

日本三百名山ひと筆書きに挑戦中の田中陽希さんが、「開通60周年」を迎えた関門トンネル歩いたことで知りました。

関門トンネルが開通した昭和33年は門司の老松・めかり両公園一帯で『門司トンネル博』が開催され、中学生だった私も観に行っています。

そんな懐かしさもあって4月20日に関門トンネルを歩いてきました。

歩いたコースはこちらです。

1

_180420_034

_180420_098_2

 

Photo博覧会のパンフレット



家には当時の写真が少しだけ残っていました。

(でも写りが悪い)

写りが悪いのは「スタートカメラ」という安いトイカメラで撮ったものなので…coldsweats01

03__2車道入口

02_ロープウェイもありました

60年前のことで、博覧会の内容はよく覚えていませんが

当時は

 もっぱら防衛庁の装備ばかり見ていたようで、砲や戦車などを写していました。

11_

08_

07_車輛展示場?

04_スプートニクと紹介されているようですが?

博覧会の「和布刈公園会場」は今のノーフォーク広場あたりなのでしょうか・

水族館もその近くにありましたね。

昔の水族館は大して面白くはなく、遠足などで行っても出口まで一目散。run

でも、今では懐かしいthink