2017年4月10日 (月)

名残の雪降る筋湯温泉へ(2)

3月28日の朝、温泉街は融雪剤で溶けているものの、県道40号(飯田高原中村線)は圧雪状態で車はチェーンをつけて走っている。

_170328_057

あれ~、これじゃ今日一日宿屋の中で過ごすことになるのかなweep
今日は近くの猟師山にでも行ってみようと思っていたのに…


それでも、この時期の雪はすぐに溶けるという宿の人の話なので、宿でゆっくりとし10時近くになって出発する。

登山口と思っていた<九重森林公園スキー場>に着くと、まだ営業中でスキーヤーが滑っている。

_170328_059

それならばと、近くの一目山・みそこぶし山方面を歩くことに変更し八丁原の登山口まで戻った。

_170328_060 (八丁原登山口)

見晴らしの良い草原の斜面を30分ほど登り一目山の山頂に到着。

最近の雪のおかげか、ここからの眺めはscissors

_170328_083 (一目山よりスキー場を眺める)

少し休んだ後、みそこぶし山・涌蓋山方面へと向かう。

_170328_086 (一目山からの下り)

三俣・星生・久住などの山々の白い山頂が美しい。

_170328_097

みそこぶし山に到着sign03

_170328_123 (みそこぶし山頂)

我々の体力では涌蓋山までは無理なので、本日のお散歩はここまで。

もとの道を引き返しました。

_170328_124 (みそこぶし山より眺める涌蓋山)

下山後、まだまだ時間が早いので長者原にも行ってみました。

_170328_152 (長者原)

_170328_157 (野焼き後のたで原湿原)

Sujiyu

温泉に

貸し切り状態でのんびりと入浴したせいか

それとも気のせいか・・・

腰が軽くなったような感じで帰宅しました。

happy01



※ヤマレコの記録はこちらです。

2017年4月 9日 (日)

名残の雪降る筋湯温泉へ

昨年夏から腰痛の続く私のことを心配して、家内が一週間ほどの湯治に行こうと提案してきた。

今までに湯治なんてしたこともないし、いかに温泉が好きだといっても毎日毎日湯の中では飽きてしまいそうだ。

第一、長くなれば経済的にも自炊する必要がありそう。

それじゃー家に居るときとあまり変わらない気がする。

ということで、

今回は<朝、夕食付>2泊3日で筋湯温泉へ行くことになった。

筋湯温泉近くの《九重森林公園スキー場》が3月26日まで営業中とのことなので27日に出発。

何度も通る小国経由の道だけど、今回は《鍋ヶ滝》に寄ってみる。

滝は裏側も広く、予想していたよりもずっと見ごたえがあった。

_170327_002 (くまもん?)

_170327_012 (鍋ヶ滝)

_170327_014 (鍋ケ滝)

_170327_021

(鍋ケ滝)

滝の見物も終わって、

時間は少し早かったが、早めに温泉に行こうとナビの目的地を『筋湯温泉』に設定する。

ところがなんと、 ナビさんが言うには

「この先、雪のためタイヤの滑り止めが必要です」な~んておっしゃる。

「ウソ!そんなもん持ってきていないよ!」

あわてて <道の駅小国>で道路情報を調べる。

 たしかにこれから走る横断道路は、長者原から熊本県境まで滑り止めが必要とのこと。

でも、筋湯温泉に行くために横断道路を通るのは瀬の本からほんの少し。

しかもこの時期の降雪では状態が刻々と変わるはず。

今度は最新の情報を求めて小国署に行ってみると

 筋湯方面には行けるということがわかる。

やれやれ。


筋湯へ行く途中のスキー場近くの道路は雪がシャーベット状態だったが、注意すれば走ることができ、無事到着。

_170327_030 (うたせ湯)

_170327_034

夕方になって雪が降り始めたのが少し気になったものの、

趣のある旅館で温泉につかり、

 おいしい夕食と普段よりも多めのお酒に満足して床に就いた。

_170327_040

2017年3月 7日 (火)

旧サッポロビール九州工場の見学に

3月5日の日曜日

《旧サッポロビール醸造棟の一般公開》が行われるというので

門司まで行ってみた。

_170305_02

前の広場では「大里こだわり食市」を開催していて、おいしそうは匂いがするし

ステージはイベントで賑やかnote

…では、「とりあえずビール!」

いやいや、とりあえず醸造棟の特別ガイドツアーのほうに行く。

_170305_04

建屋は大正2年の建築で、現在は使われていないので独特の雰囲気を漂わせている。

 まず入った階は〔仕込室〕とか…

_170305_06_2

窓の外には『門司麦酒煉瓦館』

 

_170305_12_2

これは〔麦汁ろ過機〕だとか…

_170305_15

_170305_16

_170305_22

次の階へと狭い階段を上がる

_170305_24

〔発酵タンク〕

_170305_27

横向きは今では無いという

_170305_30

サッポロビールsign03

_170305_52

見学を終えた後は、

『大里こだわり食市』で門司港チャンラー大里バーガーなどを食べながら、

サッポロビール(だったと思います)を味わいましたbeer

_170305_25

ごちそうさまでした (@^^)/~~~

2017年3月 5日 (日)

ご近所の山にも春が来た

健康診断などで公式には

「週に2~3度、2.5Kmほどを歩いています」

と言っているが、実際にはなかなか達成できていない。

 「今日は坐骨神経の機嫌が悪く、尻がしびれている」

 「今日は天気が悪くなりそうだ」

 「今日は天気が良すぎて、杉の花粉がたくさん舞っていそうだ」

などと、休む理由はたくさんある。

でも、

「杉の花粉は一日のうちで11時から15時がピークだよ」と女房殿がおっしゃる。

ならば…と

3月4日。今週2度目の許斐山へ!


麓の杉は朝日を浴びて見事な色!(ゾ~ッhappy02

Dsc01579 

でも

登山道には小さな春の花がたくさん咲き始めている

Dsc01581

この花が『サツマイナモリ』というのかな?

Dsc01571

そう

調子の悪い時は花でも眺めながら、                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     の~んびりと歩くとしよう。

Dsc01588

と、ピンボケ写真でも撮りながら考えていますcoldsweats01

 

2017年2月14日 (火)

ちょっぴり寒波来襲の新立山へ

最近は不眠症が続いているので早朝登山の気力が沸かない。

でも

「少しは運動しなければ」と

宗像にも寒波のきた11日の日中に、新立山に行ってみた。

坐骨神経痛による尻の痺れなどもあるので、前回(1月26日)同様

お尻に優しいコース【新立山新道~弥勒菩薩】を登る。

_170211_09

このところ石仏や祠を見ると手を合わせるのは

年のせいかな?

_170211_12

期待した雪はあまり積もっていなかったものの、気温が低かったせいでサクサクと気持ちよい音を立てて山頂まで歩く。

山頂の温度計は零下を示していた。

_170211_17

下りも前回と同様、平山方面へ回って下る。

前回はこの道で下の写真の動物に出会った。

てっきり子狸と思っていたが、帰宅後調べてみるとなんだか少し違う感じがする。

目の周りや肩の、黒い模様がほとんど目立たないし・・・

ちっちゃいながらも毛を逆立て、唸り声をあげ、威嚇のポーズはするし・・・

タヌキに似たワンちゃんだったのかな~?

1

九州には熊のような危険な動物は居ないので安心ですが、

それでも
猪には出会いたくはありません。


ちなみに今回は誰にも(?)会いませんでした。(/・ω・)/

3

2017年2月 5日 (日)

平成28年分確定申告

今年のe-Taxによる送信は、初めてマイナンバーカードで・・・と

SONYのICカードリーダーライター「PaSoRi」を近くの電気屋さんで買ってきた。

セットアップし、『JPKI利用者ソフト』で「ICカードリーダライタ設定」と準備。

e-Taxの事前準備も済ませ、『収入・所得金額の入力』~『控除の入力』が終る。

昨日、いよいよ送信・・・・・・・・・

 やはり出ましたng

エラーコード[HJS0408E]

「原因 電子証明書の有効期限が切れている場合に表示されます」だそうです。

でも有効期限は2020年の誕生日まである。

有効性も確認したのに( ;∀;)

なにはともあれ、「JPKI利用者ソフト」で各種設定しなおし

再度送信に挑戦sign03

今度は「HUBH139E:本人の電子証明書が登録されている電子証明書と異なるため、
再度、電子証明書を確認のうえ送信してください。」

のエラーsweat01

さらに

「①マイナンバーカードを取得し、電子証明書を再取得した。」場合は電子証明書の再登録」をするようにとメッセージが表示され

そこに[電子証明書の再登録]ボタンが出ている。

なるほど

4err

ここから再登録ができ無事送信完了 ヽ(^。^)ノ



たしかに税務署からの【申告に関するお知らせ】に

『マイナンバーカードの電子証明書をe-Taxに登録する必要があります・・・』とあったがこの事だったのか…と納得。

この再登録は「確定申告書等作成コーナー」のトップ画面からもできるようだ。


年に一度のことなので事前に十分理解し、準備しなけりゃいけないと反省している雨の日曜日でしたcoldsweats01

_(_^_)_

2017年1月10日 (火)

朝の許斐山登山再開

昨年の4月下旬から健康のためと許斐山に週に2.3度、朝早く登っています。

しかし、年末から年始にかけては登っていません。

今日は約20日ぶりに早朝登山に出掛けました。

登山口の「このみ公園」にはまだ暗い6時45分に到着しましたが、すでに車が5台と自転車が1台止まっていました。

さすがに常連さんたちは早いです!

Dsc01529

私は・・・

歩き始めてみると、足腰の今日の調子はあまり良くありません。

そこで、いつものようにの~んびりと登って行きます。

Dsc01530

30分以上かけて、頂上に到着です。

曇っていて山頂からの朝日は見ることはできませんでしたが、早朝の宗像四塚を眺めて気分よく下山しました。

Dsc01533

2017年1月 8日 (日)

2017初登山(皿倉山)

最近は登山を計画しても、中々予定通りに行くことはできません。

今回も1月3日に阿蘇方面の山を予定していたのですが、結局は取りやめてしまいました。

でも、3日の朝になってあまりの天気の良さに、息子と急遽皿倉山に向かいました。

500 
正午頃、皿倉山麓の帆柱公園駐車場に着きましたが、 駐車場は満車で停められません。

でも
10分ほど待つと下山者の車が出て行き、何とか駐車できました。

_170103_001

今日は登山というよりウォーキングのつもりだったので
正面登山道の車道を歩き始めます。

_170103_005

でも、車道なので車も上がってきます。

ちょっぴり煩わしくなって、途中から登山道の『媓彩の森コース』を歩くことにしました。

しばらく歩くと道はロープウェイの線路の下を抜けていきます。

このコースは変?

次にあった案内標識を見ると『国見岩コース』へ向かうようです。

引き返そうとも思いましたが、国見岩は昔懐かしいコースです。

結局そのまま進むことにしました。

_170103_018

国見岩コースは案内標識が小まめに設置され、道もよく整備されていました。

直登コースとう回路が何度もあります。

でも宗像の登山路からみれば、整備されたここの直登コースは楽勝です。

_170103_021

山麓駅の駐車場から1時間と10分ほどで国見岩に到着です。

ここは昔々、懸垂下降の練習をした岩です。

_170103_036037

当時は下降器やカラビナを使用せず『肩がらみ』で下降しました。

短い距離でしたが少々怖かったですね。(特に最初の一歩は…)

もちろんこれが最初で最後の経験です。
(;^_^A

この日は上天気で空気も澄んでいたので、この岩の上からの眺めは素晴らしかったですね。

洞海湾と若戸大橋。 そして( ^ω^)・・・

_170103_046

ここまで登ってくる間にもジェットコースターの音が聞こえていた
スペースワールドもすぐ下に見えます。

残念ながら今年で閉園するということです。weep

_170103_060

坐骨神経の機嫌をうかがいながらの歩きも、国見岩からほどなく山頂到着sign03

展望レストランで食事をして、ロープウェイで下山しました。

_170103_078_2

 (スロープカー)_170103_091_2

_170103_094_2

何よりも天気が良く、見通しも良かったことで大満足でしたsunsunsun



記録は『ヤマレコ』にも登録しています。

2016年11月19日 (土)

戸畑散策

11月6日の日曜日、天気はそこそこ上天気。

山に行きたいがその準備もしていない。

それでは…

息子に車の運転をお願いし、北九州の戸畑に出かけてみることにしました。

ここは私の生れ育った町。

久しぶりに牧山と金比羅山から北九州の町を眺めることにしました。

まず行ったところは都島展望公園。

いつこんな公園ができていたのか知らなかったのですが、

洞海湾と若戸大橋を眺めるには絶好のところです。

_161106_05_2

 

この公園の後ろには牧山の信号所(牧山船舶通航信号所)が建っています。


ここは子供の頃

「信号所には猛犬が放し飼いにされているよ」と言われていたので、近づくことはありませんでした。

あれは本当だったのかな?

_161106_23

公園から洞海湾を見下ろせば、左手に葛島。

今は島とは名ばかりで、埋め立てられて製鉄所の洞岡地区の一部となっているようです。

_161106_31

次に金比羅山に行ってみました。

山頂に登るグルグル回る道は、日曜日とあってかジョギングするなどの人がたくさん上り下りしていました。

その山頂は木が茂り、残念ながら西方が見渡せるだけでした。

下の写真はその西方のパノラマです。

_161106_1115



私が戸畑に居た頃の金比羅山は、頂上から四方すべて見渡せていたと思います。

以下の写真は昭和46年頃の写真を引っ張り出してきたものです。

04

枝光方面です。

手前には鞘ヶ谷の社宅群。

そして遠くに若松の石峰山。

01

中央町・黒崎方面をみれば

まだ東田の1高炉が現役で稼働している様子。

02

北西には戸畑市街と若戸大橋が見えます。

08


小倉、戸畑、八幡の接点という好位置にある金比羅山。

『もう少し見渡せることが出来たら良いのにな~』

なんて思いながら帰途に就きました。

2016年10月27日 (木)

早朝登山

健康のための朝の登山で近くの山へ週に2~3度。

低い山でも、山頂に立つと遠くの山を眺めたくなります。

この許斐山からは北側の宗像四塚方面が開けて展望できますが、南東側も少しだけ開けています。

天気の良い日はこちら側を覗いて見ると

英彦山が時々望めます。

Photo

いつか九重の三俣山が見えるかも・・・