日記 Feed

2017年4月10日 (月)

名残の雪降る筋湯温泉へ(2)

3月28日の朝、温泉街は融雪剤で溶けているものの、県道40号(飯田高原中村線)は圧雪状態で車はチェーンをつけて走っている。

_170328_057

あれ~、これじゃ今日一日宿屋の中で過ごすことになるのかなweep
今日は近くの猟師山にでも行ってみようと思っていたのに…


それでも、この時期の雪はすぐに溶けるという宿の人の話なので、宿でゆっくりとし10時近くになって出発する。

登山口と思っていた<九重森林公園スキー場>に着くと、まだ営業中でスキーヤーが滑っている。

_170328_059

それならばと、近くの一目山・みそこぶし山方面を歩くことに変更し八丁原の登山口まで戻った。

_170328_060 (八丁原登山口)

見晴らしの良い草原の斜面を30分ほど登り一目山の山頂に到着。

最近の雪のおかげか、ここからの眺めはscissors

_170328_083 (一目山よりスキー場を眺める)

少し休んだ後、みそこぶし山・涌蓋山方面へと向かう。

_170328_086 (一目山からの下り)

三俣・星生・久住などの山々の白い山頂が美しい。

_170328_097

みそこぶし山に到着sign03

_170328_123 (みそこぶし山頂)

我々の体力では涌蓋山までは無理なので、本日のお散歩はここまで。

もとの道を引き返しました。

_170328_124 (みそこぶし山より眺める涌蓋山)

下山後、まだまだ時間が早いので長者原にも行ってみました。

_170328_152 (長者原)

_170328_157 (野焼き後のたで原湿原)

Sujiyu

温泉に

貸し切り状態でのんびりと入浴したせいか

それとも気のせいか・・・

腰が軽くなったような感じで帰宅しました。

happy01



※ヤマレコの記録はこちらです。

2017年4月 9日 (日)

名残の雪降る筋湯温泉へ

昨年夏から腰痛の続く私のことを心配して、家内が一週間ほどの湯治に行こうと提案してきた。

今までに湯治なんてしたこともないし、いかに温泉が好きだといっても毎日毎日湯の中では飽きてしまいそうだ。

第一、長くなれば経済的にも自炊する必要がありそう。

それじゃー家に居るときとあまり変わらない気がする。

ということで、

今回は<朝、夕食付>2泊3日で筋湯温泉へ行くことになった。

筋湯温泉近くの《九重森林公園スキー場》が3月26日まで営業中とのことなので27日に出発。

何度も通る小国経由の道だけど、今回は《鍋ヶ滝》に寄ってみる。

滝は裏側も広く、予想していたよりもずっと見ごたえがあった。

_170327_002 (くまもん?)

_170327_012 (鍋ヶ滝)

_170327_014 (鍋ケ滝)

_170327_021

(鍋ケ滝)

滝の見物も終わって、

時間は少し早かったが、早めに温泉に行こうとナビの目的地を『筋湯温泉』に設定する。

ところがなんと、 ナビさんが言うには

「この先、雪のためタイヤの滑り止めが必要です」な~んておっしゃる。

「ウソ!そんなもん持ってきていないよ!」

あわてて <道の駅小国>で道路情報を調べる。

 たしかにこれから走る横断道路は、長者原から熊本県境まで滑り止めが必要とのこと。

でも、筋湯温泉に行くために横断道路を通るのは瀬の本からほんの少し。

しかもこの時期の降雪では状態が刻々と変わるはず。

今度は最新の情報を求めて小国署に行ってみると

 筋湯方面には行けるということがわかる。

やれやれ。


筋湯へ行く途中のスキー場近くの道路は雪がシャーベット状態だったが、注意すれば走ることができ、無事到着。

_170327_030 (うたせ湯)

_170327_034

夕方になって雪が降り始めたのが少し気になったものの、

趣のある旅館で温泉につかり、

 おいしい夕食と普段よりも多めのお酒に満足して床に就いた。

_170327_040

2017年3月 5日 (日)

ご近所の山にも春が来た

健康診断などで公式には

「週に2~3度、2.5Kmほどを歩いています」

と言っているが、実際にはなかなか達成できていない。

 「今日は坐骨神経の機嫌が悪く、尻がしびれている」

 「今日は天気が悪くなりそうだ」

 「今日は天気が良すぎて、杉の花粉がたくさん舞っていそうだ」

などと、休む理由はたくさんある。

でも、

「杉の花粉は一日のうちで11時から15時がピークだよ」と女房殿がおっしゃる。

ならば…と

3月4日。今週2度目の許斐山へ!


麓の杉は朝日を浴びて見事な色!(ゾ~ッhappy02

Dsc01579 

でも

登山道には小さな春の花がたくさん咲き始めている

Dsc01581

この花が『サツマイナモリ』というのかな?

Dsc01571

そう

調子の悪い時は花でも眺めながら、                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     の~んびりと歩くとしよう。

Dsc01588

と、ピンボケ写真でも撮りながら考えていますcoldsweats01

 

2017年2月14日 (火)

ちょっぴり寒波来襲の新立山へ

最近は不眠症が続いているので早朝登山の気力が沸かない。

でも

「少しは運動しなければ」と

宗像にも寒波のきた11日の日中に、新立山に行ってみた。

坐骨神経痛による尻の痺れなどもあるので、前回(1月26日)同様

お尻に優しいコース【新立山新道~弥勒菩薩】を登る。

_170211_09

このところ石仏や祠を見ると手を合わせるのは

年のせいかな?

_170211_12

期待した雪はあまり積もっていなかったものの、気温が低かったせいでサクサクと気持ちよい音を立てて山頂まで歩く。

山頂の温度計は零下を示していた。

_170211_17

下りも前回と同様、平山方面へ回って下る。

前回はこの道で下の写真の動物に出会った。

てっきり子狸と思っていたが、帰宅後調べてみるとなんだか少し違う感じがする。

目の周りや肩の、黒い模様がほとんど目立たないし・・・

ちっちゃいながらも毛を逆立て、唸り声をあげ、威嚇のポーズはするし・・・

タヌキに似たワンちゃんだったのかな~?

1

九州には熊のような危険な動物は居ないので安心ですが、

それでも
猪には出会いたくはありません。


ちなみに今回は誰にも(?)会いませんでした。(/・ω・)/

3

2017年1月10日 (火)

朝の許斐山登山再開

昨年の4月下旬から健康のためと許斐山に週に2.3度、朝早く登っています。

しかし、年末から年始にかけては登っていません。

今日は約20日ぶりに早朝登山に出掛けました。

登山口の「このみ公園」にはまだ暗い6時45分に到着しましたが、すでに車が5台と自転車が1台止まっていました。

さすがに常連さんたちは早いです!

Dsc01529

私は・・・

歩き始めてみると、足腰の今日の調子はあまり良くありません。

そこで、いつものようにの~んびりと登って行きます。

Dsc01530

30分以上かけて、頂上に到着です。

曇っていて山頂からの朝日は見ることはできませんでしたが、早朝の宗像四塚を眺めて気分よく下山しました。

Dsc01533

2016年10月27日 (木)

早朝登山

健康のための朝の登山で近くの山へ週に2~3度。

低い山でも、山頂に立つと遠くの山を眺めたくなります。

この許斐山からは北側の宗像四塚方面が開けて展望できますが、南東側も少しだけ開けています。

天気の良い日はこちら側を覗いて見ると

英彦山が時々望めます。

Photo

いつか九重の三俣山が見えるかも・・・

2016年9月27日 (火)

健康登山

今年の春から健康のため早朝登山をしている。

近くの低山を1時間と少しかけて歩いている。

目的は「健康!」なので、あまり辺りを見ることなくひたすら歩いていたが、気をつけて辺りを見ると花も少しはあるようだ。

Dsc01411

最近はこんな花もsign03

『ヤマジノホトトギス』というのかな?

愛しい姿で咲いている。

来年も同じ場所で咲いていてほしいです。

どうか採られることのないように祈ってます。_(._.)_