おでかけ Feed

2018年5月 3日 (木)

関門トンネル開通60年

関門トンネルが開通して今年で60周年だそうです。

日本三百名山ひと筆書きに挑戦中の田中陽希さんが、「開通60周年」を迎えた関門トンネル歩いたことで知りました。

関門トンネルが開通した昭和33年は門司の老松・めかり両公園一帯で『門司トンネル博』が開催され、中学生だった私も観に行っています。

そんな懐かしさもあって4月20日に関門トンネルを歩いてきました。

歩いたコースはこちらです。

1

_180420_034

_180420_098_2

 

Photo博覧会のパンフレット



家には当時の写真が少しだけ残っていました。

(でも写りが悪い)

写りが悪いのは「スタートカメラ」という安いトイカメラで撮ったものなので…coldsweats01

03__2車道入口

02_ロープウェイもありました

60年前のことで、博覧会の内容はよく覚えていませんが

当時は

 もっぱら防衛庁の装備ばかり見ていたようで、砲や戦車などを写していました。

11_

08_

07_車輛展示場?

04_スプートニクと紹介されているようですが?

博覧会の「和布刈公園会場」は今のノーフォーク広場あたりなのでしょうか・

水族館もその近くにありましたね。

昔の水族館は大して面白くはなく、遠足などで行っても出口まで一目散。run

でも、今では懐かしいthink

2018年4月 6日 (金)

河内ダム一周

4月2日に力丸ダムに行ってみたところ、まだまだ早いと思っていた枝垂れ桜が満開となっている。

今年の桜は開花が早いと聞いていたが、これほど早いとはビックリwobbly

麓より1週間遅いと聞いている河内貯水池の桜だが

さっそく運動を兼ね翌4月3日に出かけてみると…

ここもほぼ満開となっているcherryblossom

桜を眺めながら、一周6.4Kmという貯水池の遊歩道(自転車道)を歩く。

Map1

1927年に完成したというこのダムの工事では

当時、私の祖父一家がダムの下流の大蔵の官舎に住んでいたので
ダム工事の際、大蔵川の大岩でダイナマイトの練習(?)し官舎の屋根が壊されたり…

ダムが出来上がって満水になったとき、管理用の舟をトラックで運びあげるのを見て…
「『船、山を登るsign01』世の中変わったsign03

と明治元年生れの祖母の口癖になっていたことを母から聞いていたので

そんなことなど思い出しながらのウォーキングだった。

_180403_007(堰堤)

_180403_019(東湖畔より見上げる皿倉山)

_180403_052(南河内橋:通称「めがね橋」)

_180403_064

_180403_135

_180403_163



YAMAPの記録へ

2017年11月15日 (水)

呑山観音寺の紅葉

weep呑山観音寺(糟屋郡篠栗町萩尾227-4)の紅葉が見事だという事で

11月の12日の日曜日に見物に行ってきました。

モミジは見頃を少し過ぎていましたが、ドウダンツツジは最盛期!

日曜日とあって駐車場待ちの車が長い列を作り、たくさんの人たちが来ていました

_171112_02

 

_171112_15

 

_171112_23

 

_171112_31

 

_171112_58

今年は山の紅葉見物に行くことができませんでしたweep

でも
『のみやまさん』で大満足してきました。happy01

2017年11月 8日 (水)

英彦山は紅葉してる?

maple11月2日の朝、息子が急に

 「英彦山の紅葉が見頃の様なので行ってみる」という。

付き合うことにしたものの午前中は用事があったので

午後から登山なしでの英彦山紅葉見物へ出かけてみました。

豊前坊のあたりの紅葉はそろそろ見ごろという状態?

でも

午後の駐車場はガラ~ンと空いています。

_171102_09

鷹ノ巣山方面を見ると、山の紅葉がきれいです。

そちらに歩いて行ってみました。

_171102_16

鷹巣山へ向かう途中見上げた景色。望雲台かな?

_171102_17

鷹ノ巣山一ノ岳が見えるところまで行きました。

ここから見る紅葉がきれいです

_171102_25

駐車場に戻り、今度は高住神社にもあがってみました。

_171102_43

_171102_29

さらに

英彦山青年の家付近も評判がいいようなので

車での帰りに寄ってみました。

たしかに良い雰囲気ですね!

_171102_51

英彦山には何度か登ったことはあるのですが、銅鳥居を見た記憶がありません。

そこで

今回初めて(?)立ち寄ってみました。

英彦山山頂まではともかく

一度くらいここから奉幣殿まで歩いてみてもいいのかな?_171102_58

_171102_61

豊前坊などでは紅葉は少し早いようでしたが、山の紅葉真っ盛りの様子。

来週あたり、豊前坊より下も見頃になるのでしょうねmaplemaplemaple

2017年10月 3日 (火)

みあれ祭2017

みあれ祭の海上御幸を見物に行きました。

以前、観覧船に乗っての見物をしましたが、今回は海岸からの見物です

今年は沖ノ島などが世界遺産に登録され、また10月1日が日曜日なので神湊は混雑するだろうと鐘崎方面へ行き


さつき松原の東側で御幸を待つことにしました。

_171001_3_2 

正面に大島を見て海岸に座ります。

9時半

花火が上がりパレードが始まったようですが、船は島陰に重なりよく見えません。

_171001_004_2 

しばらくして

水平線に蜃気楼の様にぼんやりと船団が見え始めました

いやいや・・・

ピントが合っていないだけ? (-"-;A ...アセアセ

_171001_006_2 
せっかく持って行った600mm(35ミリ換算)レンズですが、標準ズームに取り替えました

船は地島方面へ向かっているようです

_171001_012_2 

やがて方向を変え、神湊へ向けて進み始めました

でも… 遠っ!

標準ズームだと精一杯伸ばしても(120mm)この程度。

もっと近くを通ると想像してたのに (''◇'')ゞ

_171001_019_2 

船団は神湊の沖に着いたようです。

_171001_029_2 

御座船の周りをまわっているところでしょうか

_171001_034_2 

御座船が神湊港に入った後、伴走していた船は地元の港に向かいます

_171001_051_2 
海上御幸は遠かったのですが、

それぞれの地元の港に変える船は高速で走る船、のんびり走る船と色々で

それぞれが結構迫力がありました

_171001_053_2 

_171001_094_2 
鐘崎港には多くの船が入港してきます

_171001_107_2 

_171001_124_2

見物にはやや遠かったものの、結構満足しました

でも…

次回は神湊の方に行ってみようと思っています

おわり(@^^)/~~~

2017年8月 3日 (木)

戸畑の提灯山を見てきました

少し前の話ですが…

先日(7月22日)、戸畑衹園大山笠競演会が行われる戸畑に行ってきました。

何しろ「ユネスコ無形文化遺産」に昨年登録されたといいます。

今年は『戸畑衹園大山笠競演会』が7月22日の午後6時半からというので一人で戸畑に向い、午後3時過ぎに戸畑駅到着。

でも…

あれっsign02

駅周辺では大山笠はもちろん、子供山笠のお囃子の音も聞こえてきません。

てっきり町中に戸畑衹園の太鼓が鳴り響いていると思ってたのに・・・

今日のこの時間・・・競演会にすべて集中しているようです。

競演会までの時間はたっぷりあるので

とりあえず駅の北側を歩いてみます。

_170722_004

「いくよ旅館!」eye

昔とあまり変わらぬたたずまいです。

(なつかしい)



_170722_009

_170722_013

さらに進み『西大山笠宿』となっている恵美須神社へ…

ここでは今夜の競演会で使う提灯などの準備をしているようです



_170722_015

渡し場まで来てみると…

ここは??

 かっては西鉄電車の「戸畑渡し場」停留所で

路面電車尾廃止後は「西鉄バスのりば 戸畑バスセンター」

でも、今では使用されていない様子weep

ぺんぺん草じゃないけれど、雑草も育ち始め

ちょっぴり寂しい風景ですね


_170722_023

暑さに疲れながら中本町の銀天街まで来ました

この銀天街の中に

子供山笠(飾り山)がありました。

小さい頃、こんな山笠を炎天下に引っ張っていましたねhappy01
当時はかちわりの氷やおにぎりをもらえるのを楽しみに参加していました



_170722_030

まだまだ時間は早かったのですが

飛幡八幡宮へ続く参宮通りに行ってみました

ここには出店がたくさん出店していて、祭りの雰囲気を盛り上げています

_170722_047

さらに

大通りには提灯山に姿を変える前の幟山笠が並んでいます


壮観ですね

これから幟山笠の運行も予定されています!(^^)!

_170722_060

公園の中では、各グループのお祭りが始まっているようですbeer

_170722_104

さてさて、待ってました!

午後7時半頃、「五段上げ」から提灯山の組み上げが始まりました

_170722_105

組み上げ完了です

圧巻ですね

お囃子の太鼓や鉦などでさらに盛り上がります

_170722_118

そして山笠を担ぎ「ヨイトサ ヨイトサ」の掛け声で練り歩きます

遠くから見れば幻想的

目の前を通れば大迫力です



もちろん今日は大満足で帰りの電車に乗りました。

来年も来てみたいな~

 と思いながら・・・

2017年6月24日 (土)

アジサイと風力発電と石油備蓄基地

パソコンも落ち着いてきた6月14日

アジサイ祭りがあってるという若松の高塔山に家族で出かけました。

やはり今年の雨の少ない梅雨のためか、4年ほど前に来た時に比べてアジサイは小ぶりでした。

_20170614_03

(高塔山公園)

_20170614_10

(かっぱ地蔵)

_20170614_12

(若戸大橋)

_20170614_13

(新日鉄住金など)

_20170614_40

高塔山から見た若松北海岸の風力発電の風車が気になり、そちらにも寄ってい見ることにし、近くにあった「白島(石油備蓄基地)展示館」に入ってみました。

ここに、こんな立派な施設があることを初めて知りました。

中は石油備蓄関係の展示室、映像ホール

そして最上階の展望室からは、響灘が一望できます。

_20170614_44

(白島展示館)

_20170614_52

(白州灯台)

_20170614_53

(白島国家石油備蓄基地の遠望)

_20170614_57

(白島展示館から見る「響灘風力発電所」の風車群)

_20170614_66

 

_20170614_77

(白島石油備蓄基地のジオラマ)

_20170614_80

(この樽が1バレル・・・!だそうです)

今年の天候のせいでアジサイはいまいちでしたが、響灘の眺めに満足した楽しい一日でした。

2017年4月10日 (月)

名残の雪降る筋湯温泉へ(2)

3月28日の朝、温泉街は融雪剤で溶けているものの、県道40号(飯田高原中村線)は圧雪状態で車はチェーンをつけて走っている。

_170328_057

あれ~、これじゃ今日一日宿屋の中で過ごすことになるのかなweep
今日は近くの猟師山にでも行ってみようと思っていたのに…


それでも、この時期の雪はすぐに溶けるという宿の人の話なので、宿でゆっくりとし10時近くになって出発する。

登山口と思っていた<九重森林公園スキー場>に着くと、まだ営業中でスキーヤーが滑っている。

_170328_059

それならばと、近くの一目山・みそこぶし山方面を歩くことに変更し八丁原の登山口まで戻った。

_170328_060 (八丁原登山口)

見晴らしの良い草原の斜面を30分ほど登り一目山の山頂に到着。

最近の雪のおかげか、ここからの眺めはscissors

_170328_083 (一目山よりスキー場を眺める)

少し休んだ後、みそこぶし山・涌蓋山方面へと向かう。

_170328_086 (一目山からの下り)

三俣・星生・久住などの山々の白い山頂が美しい。

_170328_097

みそこぶし山に到着sign03

_170328_123 (みそこぶし山頂)

我々の体力では涌蓋山までは無理なので、本日のお散歩はここまで。

もとの道を引き返しました。

_170328_124 (みそこぶし山より眺める涌蓋山)

下山後、まだまだ時間が早いので長者原にも行ってみました。

_170328_152 (長者原)

_170328_157 (野焼き後のたで原湿原)

Sujiyu

温泉に

貸し切り状態でのんびりと入浴したせいか

それとも気のせいか・・・

腰が軽くなったような感じで帰宅しました。

happy01



※ヤマレコの記録はこちらです。

2017年4月 9日 (日)

名残の雪降る筋湯温泉へ

昨年夏から腰痛の続く私のことを心配して、家内が一週間ほどの湯治に行こうと提案してきた。

今までに湯治なんてしたこともないし、いかに温泉が好きだといっても毎日毎日湯の中では飽きてしまいそうだ。

第一、長くなれば経済的にも自炊する必要がありそう。

それじゃー家に居るときとあまり変わらない気がする。

ということで、

今回は<朝、夕食付>2泊3日で筋湯温泉へ行くことになった。

筋湯温泉近くの《九重森林公園スキー場》が3月26日まで営業中とのことなので27日に出発。

何度も通る小国経由の道だけど、今回は《鍋ヶ滝》に寄ってみる。

滝は裏側も広く、予想していたよりもずっと見ごたえがあった。

_170327_002 (くまもん?)

_170327_012 (鍋ヶ滝)

_170327_014 (鍋ケ滝)

_170327_021

(鍋ケ滝)

滝の見物も終わって、

時間は少し早かったが、早めに温泉に行こうとナビの目的地を『筋湯温泉』に設定する。

ところがなんと、 ナビさんが言うには

「この先、雪のためタイヤの滑り止めが必要です」な~んておっしゃる。

「ウソ!そんなもん持ってきていないよ!」

あわてて <道の駅小国>で道路情報を調べる。

 たしかにこれから走る横断道路は、長者原から熊本県境まで滑り止めが必要とのこと。

でも、筋湯温泉に行くために横断道路を通るのは瀬の本からほんの少し。

しかもこの時期の降雪では状態が刻々と変わるはず。

今度は最新の情報を求めて小国署に行ってみると

 筋湯方面には行けるということがわかる。

やれやれ。


筋湯へ行く途中のスキー場近くの道路は雪がシャーベット状態だったが、注意すれば走ることができ、無事到着。

_170327_030 (うたせ湯)

_170327_034

夕方になって雪が降り始めたのが少し気になったものの、

趣のある旅館で温泉につかり、

 おいしい夕食と普段よりも多めのお酒に満足して床に就いた。

_170327_040

2017年3月 7日 (火)

旧サッポロビール九州工場の見学に

3月5日の日曜日

《旧サッポロビール醸造棟の一般公開》が行われるというので

門司まで行ってみた。

_170305_02

前の広場では「大里こだわり食市」を開催していて、おいしそうは匂いがするし

ステージはイベントで賑やかnote

…では、「とりあえずビール!」

いやいや、とりあえず醸造棟の特別ガイドツアーのほうに行く。

_170305_04

建屋は大正2年の建築で、現在は使われていないので独特の雰囲気を漂わせている。

 まず入った階は〔仕込室〕とか…

_170305_06_2

窓の外には『門司麦酒煉瓦館』

 

_170305_12_2

これは〔麦汁ろ過機〕だとか…

_170305_15

_170305_16

_170305_22

次の階へと狭い階段を上がる

_170305_24

〔発酵タンク〕

_170305_27

横向きは今では無いという

_170305_30

サッポロビールsign03

_170305_52

見学を終えた後は、

『大里こだわり食市』で門司港チャンラー大里バーガーなどを食べながら、

サッポロビール(だったと思います)を味わいましたbeer

_170305_25

ごちそうさまでした (@^^)/~~~